MENU
95件の検索結果

ARTICLES INDEX 投稿記事一覧

2024.05.08
体験談

福岡 T.O.さん 至福!パラダイスのような病院/福田病院

元々「痛みに弱かった」というT.O.さん。お友達の話を聞いて無痛分娩を選択し、地元でも多くの人が出産するという評判の病院で初産に臨みました。ほぼ丸一日陣痛があったにも関わらず「あのパラダイスをもう一度」と思う理由とは?T.O.さんが感動した妊婦さんへの手厚いサービスなど、お話を伺いました。

2024.04.18
先生に聞いてみた

麻酔科医 柏木先生 vol.03_柏木先生が専門書を出版!

「無痛分娩PRESS」の監修をお願いしている麻酔科医の柏木先生。2023年12月に東京マザーズクリニックの院長である林聡氏と共著『無痛分娩 症状アセスメントポケットマニュアル (メディカ出版)』をリリースされました。そこで今回は「誰に向けた本なのか?」「どんな内容なのか?」「こだわりのポイント」などについてお話を伺いました。

2024.03.31
体験談

東京都 小林さん 「推し活」のため無痛分娩で体力温存!/育良クリニック

産後と「推し」の男性アイドルの大切なイベントが重なってしまった小林さん。お産も「推し活」も両方諦めたくない!お産での体力消耗を最低限にして、少しでも産後の回復を早めたいという思いから「無痛分娩」を選択されました。果たして無事に「推し」のイベントに参加できたのでしょうか?そんな小林さんの体験談をお伺いしました。

2024.03.25
体験談

横浜市Tさん 夫から見た自然分娩と無痛分娩/みなと赤十字病院

Tさんの妻さんは1人目を自然分娩、2人目を計画無痛分娩でご出産。Tさんはどちらの出産にも立ち会って、その違いに衝撃を受けたそうです。今回は新企画。女性ではなく男性側から見た無痛分娩インタビュー記事です。はたして夫の視点から見て無痛分娩はどうだったのでしょうか。

2024.02.29
体験談

東京都yuuriさん 無痛分娩後は産後ケアホテルへ/愛育病院

「無痛分娩」でお産をすると決めていたyuuriさん。当初は「計画無痛分娩」を希望していましたが条件に合う病院がなく、最終的には自然陣痛を待ってから麻酔を使用する「無痛分娩」でお産をされました。壮絶なつわりを乗り越え無事に出産。退院後すぐに「産後ケアホテル」を利用されたそうです。そんなyuuriさんの体験談をお伺いしました。

2024.02.28
出産や育児を応援するサービス・人々

【後編】「助産師さんの仕事内容って何?」現役助産師さんに聞いてみました。

妊娠、出産では必ずと言っていいほどお世話になる助産師さん。でも看護師さんとの違いや、実際にどんな仕事なのかは、あまり知られていません。今回は、以前に無痛分娩の体験談を伺った助産師のLさんに、具体的な仕事内容、無痛分娩の現場のことなどをお伺いしました。

2024.02.12
出産や育児を応援するサービス・人々

【前編】「助産師さんの仕事内容って何?」現役助産師さんに聞いてみました。

妊娠、出産では必ずと言っていいほどお世話になる助産師さん。でも看護師さんとの違いや、実際にどんな仕事なのかは、あまり知られていません。今回は、以前に無痛分娩の体験談を伺った助産師のLさんに、具体的な仕事内容、無痛分娩の現場のことなどをお伺いしました。

2024.01.24
まとめ記事

無痛分娩 自己負担費用の平均は?

無痛分娩に興味があるけど、いくら費用がかかるのか相場がわからない。こうした声にお答えするため、これまでインタビューにご協力いただいた体験者の方々の自己負担額から平均費用を算出しました。

2024.01.16
体験談

東京都 経営者・田口史子さん 計画無痛分娩から緊急帝王切開へ

ご自身で会社を経営されている田口さん。産後は早期の仕事復帰を計画されており、出産による母体へのダメージを最小限にしたいとの考えから無痛分娩を選択されました。「無痛分娩」の体験談に加えて、お仕事やパートナーシップについてもインタビューさせていただきました。

2023.12.22
体験談

広島 梶田谷さん 家族に見守られながら3人目出産/香月産婦人科

1人目のお産で、「こんな痛いのなら、もう二度と産まない!」と思ったにも関わらず、時間が経つにつれて「痛みを忘れていた」という梶田谷さん。3人目のお産で遂に無痛分娩を選択されました。計画無痛分娩だからこそ実現した「家族みんなで見守る出産」についてもお伺いしています。

2023.11.30
体験談

名古屋MKさん 浜松での里帰り出産/聖隷浜松病院

お1人目のお産では、ご自身の顔に記憶のない引っ掻き傷ができるほど壮絶な思いをされたMKさん。「2人目は絶対に無痛分娩にする」と決めていたそうです。「お誕生日は運命に任せよう」という想いから自然陣痛を待ってからの無痛分娩を選択されました。総合病院でのごはん事情についてもお伺いしています。

2023.09.18
病院・クリニック紹介

【病院・クリニック探訪】千葉県鎌ケ谷市「鎌ケ谷バースクリニック」

「無痛分娩PRESS」の監修をお願いしている市村 建人先生が診療部長を務める「鎌ケ谷バースクリニック」をレポーターと共に探訪。レポーターは、インフルエンサーとして活動されており、以前「バチェラー4」にも出演されたこともある青山 明香里さんです。

2023.08.30
まとめ記事

【まとめ】無痛分娩にかかった費用 | 地域・病院別

無痛分娩を選ぶ際の大きなネックとなっているのが費用。実際に様々な体験者さんにお話をお伺いした際にも「費用がかかるのがネック」という声が一番多く寄せられています。無痛分娩の費用と一口に言っても、病院や内容によって金額は異なります。そこで今回は、これまでの体験者さんたちから聞いた「無痛分娩をした際に実際にかかった費用」をまとめてみました。

2023.08.10
出産や育児を応援するサービス・人々

産前産後ママ向け宅食サービス「ママの休食」の試食会レポート

産前産後ママのために立ち上がった宅食サービス「ママの休食」。本サービスを運営する株式会社MYPLATEさんに「無痛分娩PRESS」の監修をお願いしている鎌ヶ谷バースクリニックの市村先生と、鎌ヶ谷バースクリニック専属の管理栄養士の佐々木さんと一緒にお伺いさせていただきました。 (取材時期:2023年5月)

2023.07.31
体験談

神奈川県M.Kさん きっかけはお義姉さんの体験談/新横浜母と子の病院

最初は無痛分娩に抵抗があったというM.Kさん。義理のお姉さんの無痛分娩体験談を聞いて気持ちが変わったそうです。お産をした病院には大満足!間もなく産まれてくる2人目のお子さんも無痛分娩でのお産を予定されています。そんなM.Kさんの無痛分娩体験談を伺いました。

2023.06.30
体験談

福岡県Hさん 心穏やかにお産をしたくて無痛分娩を選択/井槌病院

Instagramでいろんな方の出産レポ漫画を見て、無痛分娩にすることを決めたHさん。「無痛分娩PRESS」もチェックしてくださっていたとのことです。お産当日、麻酔を射った後は水を飲めなくなるとは知らず、産まれるまでの8時間水分をとれずに大変だったそうです。Hさんの無痛分娩体験談をお伺いしました。

2023.04.28
体験談

茨城県 Mさん コロナで出産の1週間前に転院/あびこクリニック

出産予定日の1週間前に病院側の都合で転院を余儀なくされたMさん。後期つわりで思うように動けない中、必死の思いで無痛分娩に対応してくれる転院先をご自身で探されたそうです。お産本番では、想定外にしっかりと陣痛の痛みを経験することに・・・!。そんなMさんの無痛分娩体験談をお伺いしました。

2023.02.24
体験談

大分県 Uさん 山口県での里帰り無痛分娩/やかべ産婦人科医院

2023年現在から5年前となる2017年に第一子を無痛分娩でご出産されたUさん。なんと、看護師さんと和やかに談笑している間に赤ちゃんが産まれたそうです。通院中に麻酔の効き具合をテストしてから望んだお産当日は、痛みを全く感じることがなかったとのこと。そんなUさんの無痛分娩体験談を詳しくお伺いしました。

2023.01.31
体験談

埼玉で無痛分娩予定 airi_ozonoさん【前編】/恵愛病院

間もなく無痛分娩でのお産を控えているairi_ozonoさん。「無痛分娩以外の選択肢は0.1%もなかった」とのこと。フランス滞在の経験があり、ご主人もイギリス人というairi_ozonoさんは日本の無痛分娩事情に直面して色々と驚きがあったようです。出産前のお気持ちをお伺いしました。

2022.12.29
先生に聞いてみた

麻酔科医 柏木先生 vol.02 | 柏木先生が書籍をリリース!

「無痛分娩PRESS」の監修をお願いしている麻酔科医の柏木先生。2022年11月30日に新しい書籍『とれない「痛み」はない (幻冬舎新書 671)』をリリースされました。そこで今回は「そもそもどうやって書籍を出すのか?」「書籍の内容について」などざっくばらんにお話を伺いました。

2022.11.22
体験談

岡山県 看護師Yさん 自然も無痛も和痛も経験/岡山愛育クリニック

岡山県にお住まいで看護師をされているYさん。1人目のお子様を自然分娩、2人目のお子様を無痛分娩、3人目のお子様を和痛分娩でご出産されたそうです。しかも3人ともコロナ禍での出産!現代の代表的な分娩方法をコンプリートされているYさんに、無痛分娩の体験談から和痛分娩の体験談まで、出産にまつわる様々なお話をお聞きしました。

2022.08.31
体験談

福岡県 看護師いまゆさんの無痛分娩【前編】 反り腰でトラブル発生/井槌病院

地元の福岡県で看護師として働き、第一子を無痛分娩でご出産されたいまゆさん。職業柄、無痛分娩のことは知っていたそうでしたが当時は良い印象を抱いていなかったそうです。そんないまゆさんが無痛分娩を選んだ背景にはどういった経緯があったのでしょうか?

2022.07.21
体験談

NY在住Hさん【中編】 出産費用はどうなった?出産当日の流れは?

前回アメリカ(ニューヨーク)と日本の出産の違いやアメリカの出産事情等についてインタビューさせていただいたNY在住のHさん。前回のインタビュー時には妊娠中でしたが、あれから無事に無痛分娩(麻酔を使った分娩)での出産を終えられたそうです。今回は実際にニューヨークで無痛分娩をした体験を語っていただきました。

2022.05.31
体験談

横浜市Oさん コロナに翻弄された無痛分娩/聖マリアクリニック本院

横浜市にお住まいのOさん夫妻。2人のお子さんを自然分娩で、3人目のお子さんを無痛分娩で出産されました。3人目の出産時はコロナ禍において最も日本が大変だった時期でした。Oさん夫妻が「ザ・コロナ禍」の出産だったと語る3人目のお子さんの無痛分娩についてお話を伺いました。

2022.04.27
体験談

東京在住、里帰りでもなく埼玉県で出産。Tさんの無痛分娩/恵愛病院

子どもの頃から、お産に対して「痛い・怖い」というイメージがあったというTさん。身近な人の出産を通して無痛分娩という選択肢を知ったとのこと。無痛分娩でのお産を実現させるため、こだわりの条件でしっかりと病院を選んでお産に備えられたそうです。

2022.03.27
その他

JALAのwebサイトを活用しよう! | 無痛分娩のリスク、メリット・デメリットから事故に至るまで、信頼できる情報はここにあります。

無痛分娩関係学会・団体連絡協議会によって運営される『JALA』。JALAのwebサイトは無痛分娩に関する信頼できる情報の宝庫です。今回はJALAのwebサイトのかしこい使い方等についてご紹介いたします。

2022.02.28
まとめ記事

【まとめ】無痛分娩のメリット | 体験者が語ったメリット

無痛分娩PRESSには多くの無痛分娩の体験談が掲載されています。これらの記事にはさまざまな視点で体験者ならではのリアルな声が書かれています。記事の隅々まで読む価値があるものですが、どの体験談も詳しく丁寧に書かれているため文章の量が多くなってしまいます。その中でこの記事では「無痛分娩のメリット」について端的にまとめて記載します。「無痛分娩のメリットについてざっくり概要を知りたい!」「気になる体験談をサッとチェックしたい」「自分の状況と同じ体験談を知りたい」このような方はぜひご覧になってください!

RECOMMEND
おすすめ記事